アラフィフからの海外一人旅&アラフォーからの沖縄離島一人旅

遅咲きで始めた海外と沖縄の一人旅の旅行記です。ハプニングも楽んで旅する。現地で撮ったきれいな写真もいっぱい。

【即位礼の皇后さまと同じ?】本格的な十二単を京都の西陣会館で着てみた

即位礼で、皇后様が着られる十二単をきてみました。真っ白のではなくて、色のついたものですが、京都の西陣会館で、本物の十二単です。重いです。30キログラムくらいあります。私のイメージでは、平安時代のお姫様になりたいなと着ました。着物は素敵でした。

f:id:englandsea:20191022103949j:plain

十二単を着たい

いまから数年前ですが、京都の西陣会館で本格的な十二単を着ました。お着物は大変素敵でした。あこがれてたものそのもの。

気分的には平安時代のお姫様だったのですが、私の年齢上、古参の女房(お姫様のおつきでお世話する人)みたいでした。お着物のせいではなくて、白塗りすると、しわがめだつので、私の年齢のせい。だけど着れてとってもうれしい。お姫様気分です。顔はかくしててすみません。

f:id:englandsea:20191022103804j:plain

一枚づつ着ていく

まず、お化粧をしてもらいます。白塗りです。

f:id:englandsea:20191022102449j:plain

それからかつらをつけてもらい、白の着物を着て、そのうえに袴をはいて、黄緑の打ち掛けをはおります。

f:id:englandsea:20191022102656j:plain

そのうえに白の打ち掛け。

f:id:englandsea:20191022102611j:plain

その次がうす桃色の打ち掛け。

f:id:englandsea:20191022102805j:plain

それからすこし濃いめの桃色。

f:id:englandsea:20191022102832j:plain

その次が次が濃い桃色。桃色ばかり3色重ねて、濃淡を楽しんでるんですね。

f:id:englandsea:20191022102958j:plain

それから紫色の打ち掛け。

f:id:englandsea:20191022103201j:plain

その次に次に緑の模様の入ったち掛け。

f:id:englandsea:20191022103449j:plain

それから赤の模様の入ったち掛け。

f:id:englandsea:20191022103524j:plain

着付けが完成

完成です。すごく重いです。二人ががりで着せつけてくださってて、きせてもらってる私もよろよろしてました。

f:id:englandsea:20191022103557j:plain

横からみてもきれい。

f:id:englandsea:20191022103620j:plain

後ろ姿はこんな感じです。

f:id:englandsea:20191022103843j:plain

それから座ってみました。

f:id:englandsea:20191022103650j:plain

平安時代のお姫様はこんな感じかなと、ひとりご満悦。年齢的に古参の女房(おつきのひと)なんだけど、そんなの気にしない。着たかったんだもん。

f:id:englandsea:20191022103719j:plain

最後に着せてくださった方が、脱ぐのに、手を袖からはずしてばさっとするといっきに脱げるからそうしてねと教えてくれました。やってみるとすごい。せみの脱け殻みたいに、着物のそのままの形が残ります。

f:id:englandsea:20191022103914j:plain

源氏物語の空蝉が納得できました。源氏の思い人は源氏が訪れたときに拒むために、着物だけのこして去ります。その着物が、せみがぬいだ殻のようだから、つけられたのではと私は思ってる題名。その物語のように、人がいたように脱げるのですね。すてきです。

みにきてくださって、ありがとうございます。今回は皇后様やきこ様が着られた十二単の記事ですが、普段は旅行記ブログを書いてます。下のほうのカテゴリーをみていただいてそこをタップして、そこからイギリスや沖縄離島の記事をみていただけるとうれしいです。

皇后さま、きこ様の十二単すてきでしたね。いつもの方も、はじめての方もみにきてくださって、ありがとうございます。とってもうれしいです。みなさまにハッピーなことがたくさんきますように。