アラフィフからの海外一人旅&アラフォーからの沖縄離島一人旅

遅咲きで始めた海外と沖縄の一人旅の旅行記です。ハプニングも楽んで旅する。現地で撮ったきれいな写真もいっぱい。

パリの蚤の市とチョコレート専門店のjacques geninでチョコレートケーキ

2019年のゴールデンウィークに友人とフランスとイギリスにいったときのことです。

友人との海外旅行

ゴールデンウィークにフランスへ

2019年4月のゴールデンウィークから、ゴールデンウィークの間は友人7人とフランスとイギリス、5月5日からはひとりで、イギリスのデヴォン、ホームステイ(ダートムアの近く)、コーンウォールをまわりました。一ヶ月間の旅でした。いつも一人旅のわたしは、8日ほど友人と一緒なのをとても楽しみにしてました。

f:id:englandsea:20190711204738j:plain
凱旋門

フランスに降りて、パリを観光して、格安の飛行機でイギリスに行き、イギリスから関西空港に帰る。関空からフランス、フランスから関空というように、降りる空港と乗る空港がちがっても、格安航空券で、周遊という買い方ができたので、とっても助かりました。一年前にチケット買ったので、お値段的にもすごくお得でした。

この日本からフランス、イギリスから日本という特殊な感じで買ったのですが、スカイスキャナーさんには周遊といって、こういう買い方ができるのでとっても便利で、このときのチケットはここで買いました。お値段的にもとってもお得でした。



格安チケットはこちらでもとったことがあります。過去イギリスにいったときです。個人手配するならこちらもおすすめです。



わたしの旅の組み立て方のブログはこちらです。よかった参考にみてくださいね。

www.englandsea.com

そのつづきです。保険やお金のことなど、ポンコツながら、だんだんとできていく話です。

www.englandsea.com

英会話教室の課外授業としていきましょうということになったので、先生と、あと二人は英語が話せます。わたしはあまり話せません。7人もいるので、いつも7人で行動ではなく、別れたり、一緒だったり、好きに行動する旅です。

スポンサードリンク

パリ1日目

一日目はパリのシャルル・ド・ゴール空港につき、7人もいるので、日本からネットで7人乗れるタクシーを仲間が頼んでくれてました。夕御飯は、おいしいと評判のレストランを日本から予約してて、みんなで食事しました。一人でちょっといいレストランに入るの苦手だから、みんなと一緒はこんなことできて、うれしい。

パリの蚤の市にいく

f:id:englandsea:20190711211411j:plain
ヴァンヴの蚤の市

次の日は、先生がたてた計画に便乗させてもらいました。先生と先生の旦那様と親友と私の4人です。まず、ヴァンヴの蚤の市にいきました。ついてすぐ、カフェでお茶。

f:id:englandsea:20190711204910j:plain
入ったカフェ

イチゴのタルトを食べました。さすがフランス、おいしい。

f:id:englandsea:20190711204846j:plain

それから蚤の市をみました。おじいさんが楽しそうに店番してたり、アンティークのものみるの楽しかったです。

f:id:englandsea:20190711204954j:plain
蚤の市

ルイ・ヴィトン美術館

そのあと、ルイ・ヴィトン美術館にいきました。日本からチケットをとっていたのだけど、人の計画に便乗させてもらった私は、ルイ・ヴィトンのバッグが展示してあるものと思い込んでました。おばかです(^-^) 

ほんとは、絵画がある美術館でした。教科書にでてくる絵画もみれました。私の目的だった、ここ限定のルイ・ヴィトンのトートバッグが買えてごきげんです。

もちろん、私がそんないいバッグがあるなんて、自力でおしゃれ情報なんて知るよしもない(^o^)同行した、英会話教室の若い旅慣れたお嬢さんが、ルイヴィトン美術館で限定発売のトートバックがあるから買いたい、友人にも頼まれてるといったから、欲しくなったの。

ルイヴィトンのトートバッグを買いました。丈夫で、たくさん入ります。持ちやすいです。ルイヴィトンのロゴもあってお気に入り。布トートバッグなので、ルイヴィトンにしてはお値段控えめ。

スポンサードリンク

サント・シャペル教会

町を歩いているとき近くを通ったので、行った時の数日前に燃えた、ノートルダム大聖堂を見に行こうとしました。けど、通りがとおせんぼされてて、ガードマンもいて行けませんでした。そのあとは、サント・シャペル教会にいきました。

f:id:englandsea:20190711205155j:plain

ステンドグラスがきれいな教会。たくさんの人が並んでて人気です。私たちは、優先入場券をもっていたので、並ばずに入れました。

パリのチョコレート専門店

それから先生ご夫妻と親友と、jacques genin という、マレ地区にある、チョコレートの美味しいと有名なお店にいきました。

f:id:englandsea:20190711210339j:plain

ここのミルフィーユがおいしいと先生が調べてくれて、ミルフィーユが食べたかったのだけど、ミルフィーユはつくらない日だったらしく、代わりにケーキを食べました。

f:id:englandsea:20190711205551j:plain

親友のケーキ、オペラもおいしそう。

f:id:englandsea:20190711205616j:plain

ケーキセットをたのんだら、チョコレートもついていました。さすが、チョコレートのお店。

f:id:englandsea:20190711205638j:plain

とってもおいしかったです。お土産のチョコを買われてる方もおおかったです。

スポンサードリンク

パリの公園

それから先生たちと別れて、親友と二人で、パリの街を散策です。公園があったので、公園でのんびり。

f:id:englandsea:20190711205659j:plain

パリのお店

それから通りをあるいていると、とてもにぎわった通りにでて、おいしそうなもがいっぱい。歩いているととても賑わってて、人がたくさん出入りしてるお店を発見。このお店です。

f:id:englandsea:20190711205806j:plain

おいしいに違いないと、夕食用にサーモンキッシュと、パテを買いました。

f:id:englandsea:20190711205839j:plain

ホテルで食べたら、とってもおいしかったです。

f:id:englandsea:20190711205920j:plain

パリ3日目

次の朝は、昼すぎからは空港に向かいます。私は乗り物よいしやすい体質で、このところの移動につかれたのと、もともとすごく忙しくて疲れていた体調で行ってたので、大事をとって、朝のうちは自由時間だったのだけど、ホテルで休養してました。親友は近くのカフェでお茶してたみたいです。

f:id:englandsea:20190711210129j:plain

それから、みんなで頼んでおいたタクシーで、シャルル・ド・ゴール空港に行ったのでした。

スポンサードリンク

ミニ【生きやすくなるために】

テレビをみてたら、優柔不断のディレクターが取材で人を選んでついていくのに決められず、迷ってばかり。なんか私に似てるなぁ。旅では行きたいところ、直感にしたがってすぱっと決められる私ですが、人が関することには、優柔不断な私。

そんなときそのディレクターが出会ってついていった女性は、とっても素敵でした。とっても素敵な取材ができたディレクターに、「私についてきてよかったでしょう」とその人は言います。そして「あなたのお母さんになったみたいにあなたをみてた」と。



この女性は自分を信頼してるなと。私は自分を信頼してなくて、自分軸で生きてないから、優柔不断になるんだよなぁと、勉強になったのでした。自分への信頼は大事ですね。

今日もきてくださって、ありがとうございます。次回から、私の好きなイギリスの旅のはなしです。書くのがわくわくです。またきてくださいね。

過去のリメイクです。初出7月11日。数日したらもとの日付にもどします。