アラフィフからの海外一人旅&アラフォーからの沖縄離島一人旅

遅咲きではじめた海外と沖縄の一人旅。ドタバタ旅行記と、その地で撮ってきた風景の写真のブログ。旅のヒントも。

コーンウォールからロンドンに行きリージェンツ・パークでバラを見る(イギリスのロンドン)

コーンウォールの旅もおわり、ロンドンに戻り、リージェンツ・パークのクィーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンで満開近くの薔薇の花をみました。

f:id:englandsea:20190816183944j:plain

コーンウォールからロンドンへ

この日はコーンウォールからロンドンへの移動日です 。エアビーアンドビーを出て 朝11時の電車で ペンザンスからロンドンのパディントンに向かいます。 最後に見るセントマイケルズマウント 。この日は曇りだったので 静かな印象です。

f:id:englandsea:20190816183630j:plain

ホストマザーに 電車のチケットを取ってもらっていたのですが 、ちょっとしたミスで進行方向と反対側に向いている席をとってしまいました 。

けれど今回イギリスにきて最初に電車に乗るときに、 間違っていて注意してもらったので、 電車の乗り方はよくわかってました。指定席でも上に白い紙が挟まってない席は誰も予約してないので 、座ってもいいのです。

私の席がテーブル席だったのですが、 テーブルがついている席よりは 私は進行方向に向いている席が好きです。 酔いやすいので 進行方向でないと気持ちが悪くなるし 、ロンドンまで5時間半かかるとはいえ、 動いてる時に物を食べると気持ちが悪くなるので、どうせ何も食べられません 。

なのでテーブルもいらないので、誰も予約してない 進行方向を向いてる席に移って座りました 。ペンザンスは始発駅なのでたくさん席が空いています。

途中で私が予約した席に座わりたがっているご夫婦がいたので 、どうぞ座ってください、私は反対方向だと気分が悪くなるので、 と言って座ってもらいました。 私が伝えたかった意味はそれですが、単語でしか言えませんでしたが 、分かってくれました。

ロンドンのホテル

4時半過ぎに ロンドンのパディントン駅に着きました 。ホテルはパディントンから数百メートルのところにあります。前回も泊まったことがあるホテルです 。

重たい荷物とスーツケースを押しながら歩いていると、タクシーあるよと声をかけてくる人がいました。 ちゃんと正規のタクシー乗り場があるはずなのにね。

正規にきまってるところでなくて、道端で、私はタクシーを探してるそぶりもみせてないのに、スーツケースを押しているだけなのに、 声をかけているタクシーは ちょっと不安なのでもちろん乗りません 。まあもともとタクシーに乗らなくていい、駅から近い宿を取ります 。

パディントン駅からその宿までは数百メートルで 立地がとても良いです 。しかもここは、前回イギリスのコッツウォルズでホームステイしたときに、ホームステイのコーディネーターさんが、立地もよくて、コスパもいいと教えてくれたところで、前回もとまったから、場所も知ってる。

f:id:englandsea:20190816183809j:plain

前回泊まったからよくわかるのですが 、お部屋は狭いですが きちんと必要なものは揃っていて快適です 。フロントのお兄さんはすごく優しくて いつも良いホテルだなと思っています。お値段もこの立地ならリーズナブルです。

f:id:englandsea:20190816183832j:plain

ホテルに着いたのは夕方5時あたりです 。今回はは大通りに面してるお部屋で景色がきれいでうれしい。乗り物に弱くて長旅で疲れていて、 次の日も飛行機で日本に帰るのに、 ホテルで休養すればいいものを ラストだと思えば行きたいところがいっぱいです 。

リージェンツ・パークのクィーン・メアリーズ・ローズ・ガーデン

f:id:englandsea:20190816184145j:plain

まずお土産を買えてなかったので、ウェイトローズ(スーパー)でお土産を買いたいと思いました。 だけど コーンウォールで庭園はたくさん見たのですが、 なかなかローズガーデンには当たらず 、バラの花をたくさん見れませんでした 。

f:id:englandsea:20190816184206j:plain

5月末だったので、ちょうどバラが咲いているはずです 。

f:id:englandsea:20190816184326j:plain

ウェイトローズか、ローズガーデンのある リージェンツパークか迷ったのですが 、やはりバラだなぁとリージェンツパークにしました 。

f:id:englandsea:20190816184238j:plain

リージェンツ・パークには クイーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンがあり 、とてもバラが綺麗なはずです 。歩いても20分ぐらいだったので 歩いて行くことにしました 。

f:id:englandsea:20190816184352j:plain

リージェンツパークに着きました 。

f:id:englandsea:20190816184514j:plain

ちょうどバラが七分咲きぐらいでした。

f:id:englandsea:20190816184450j:plain

もう夜だというのに まだたくさんの人が来ていました。

f:id:englandsea:20190816185912j:plain

もっともこの時期のイギリスは夜10時近くまで明るいのです。

f:id:englandsea:20190816184551j:plain

リージェンツパークは素敵です 。

f:id:englandsea:20190816184751j:plain

特にバラのシーズンは素敵です 。色々なバラを見ました。

f:id:englandsea:20190816184827j:plain

ピンクのバラ 。

f:id:englandsea:20190816184952j:plain

黄色のバラ。

f:id:englandsea:20190816185050j:plain

花びらの少ないバラもありました。

f:id:englandsea:20190816184645j:plain

紫のバラもあります。

f:id:englandsea:20190816184708j:plain

バラの花も綺麗なんですが、イギリスの人はつるバラを利用するのがとても上手です 。ベンチの周りや木の棒の周りにバラを綺麗に巻きつけるようにしてます 。

f:id:englandsea:20190816185242j:plain

すごくきれいです。すごく嬉しがってベンチに座ってみます。バラに囲まれてる感じ。 バラをみながら、ゆったり座っていました。

f:id:englandsea:20190816185332j:plain

まだまだゆっくり見ていたかったのですが、ウェイトローズでお土産を買いたいと、 そろそろ引き上げようかなと検索してみると、 その日は日曜日だったので いつもはもう少し遅くまで開いているウエイトローズが しまっているみたいでした 。なので存分にバラ園を 楽しむことにしました。

f:id:englandsea:20190816185421j:plain

なので、クィーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンをじっくり堪能しました。長くなるので次回につづきます。    

今回のバラの花の写真は、すべてクイーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンで、この日に撮った写真です。

今日もきてくださって、ありがとうございます。とってもうれしいです。みなさんに、ハッピーなことが、いっぱいきますように。

こちらの過去記事もみてくださいね。

https://www.englandsea.com/