アラフィフからの海外一人旅&アラフォーからの沖縄離島一人旅

遅咲きではじめた海外と沖縄の一人旅。ドタバタ旅行記と、その地で撮ってきた風景の写真のブログ。旅のヒントも。

ワイト島のオールド・ビレッジのティーハウスでアフタヌーンティー(イギリスのワイト島とロンドン)

ワイト島のかわいいティーハウスのあつまった村でお茶します。日本の本でも紹介されたティーハウスです。むかしながらの趣あるかわいい建物のあつまった村です。

f:id:englandsea:20190905215641j:plain

2016年、10月19日、ワイト島最後の日。ロンドンへの移動日です。チェックアウト前にはベントナーの海辺を散歩しました。チェックアウトしてからバスで移動です。

スモール・ホープ・ビーチ

バスを降りて、小さなキャリーバックをひきながら、スモール・ホープ・ビーチにいきました。

f:id:englandsea:20190905214453j:plain

名前が気に入っていってみたかったのです。

f:id:englandsea:20190905214537j:plain

小さな願いの砂浜ってすてきな名前です。

f:id:englandsea:20190905214617j:plain

バス亭から遠かったからキャリーバッグをひきながらは大変でした。やっとついて、ベンチで海を眺めました。

f:id:englandsea:20190905214407j:plain

スモール・ホープ・ビーチはワイト島では人気の浜辺のシャンクリンの近くにあります。

f:id:englandsea:20190905214436j:plain

景色がきれいできにいりました。

f:id:englandsea:20190905214518j:plain

海の前にカフェがあって、眺めばっちりの席でなにかたのもうと、カウンターで、オレンジジュースとアイスクリームといったら、なぜか箱に入ったジュースを渡されました。

f:id:englandsea:20190904181103j:plain

わたしのイメージ的には、グラスにはいったオレンジジュースで、テラス席で海を見ながら優雅にだったのだけど。

f:id:englandsea:20190905214647j:plain

英語が話せないのはやっぱり不自由です。だけど、アイスはコーンのなので、時間もなかったし、まあいいやと、負けずにアイスはテラス席で海をみながらたべました。海をみながら。

f:id:englandsea:20190905214706j:plain

タクシーに乗る

時間もなくて、バスの時間はまだ遠かったので、タクシーでオールドビレッジにいきました。距離も近いので、タクシー代はそんなにかからないのもわかってました。

f:id:englandsea:20190905215843j:plain

女性運転手さんで、オールドビレッジといったらそこのどこかときかれ、わたしが思ったよりオールド・ビレッジって広いの?そんなのわからないと困ったのですが、前の日にとったいきたいティーハウスの写真をみせたら連れていってくれました。

f:id:englandsea:20190904131502j:plain

4、38ポンドで、5ポンドはらったらお釣りをと、いってくださる正直ないい方でした。おつりはいいといったらよろこんでくれました。イギリスではタクシーは一割くらいチップの習慣なのにね。

ティーハウスでアフタヌーン・ティー

オールド・ビレッジにつきました。

f:id:englandsea:20190905215806j:plain

まわりの家は茅葺き屋根がおおいです。

f:id:englandsea:20190905215748j:plain

昔ながらの建物のお店がおおい、可愛らしい村で、人気の観光地です。

f:id:englandsea:20190905215943j:plain

オールド・ビレッジで、日本の雑誌にも載ってて、いってみたかったピンクのティールームにいきました。雑誌にのっていたときは壁は白色だったのだけど、ピンクに塗り替えられていました。

f:id:englandsea:20190905215906j:plain

だけど、茅葺き屋根とかわいい外観はそのまま。すてきです。お店に入ったら、私も持ってる、そのティーハウスを紹介した、日本語の本がおいてありました。

f:id:englandsea:20190905215723j:plain

アフタヌーンティーセットにしました。昔ながらの、素朴な味だと本にかいてあったので、ぜひ食べてみたかったのです。だけど、時間がないのに回りたかったので、キャリーバックをひきながら走り回ってたので、疲れすぎてあまりたべられませんでした。

f:id:englandsea:20190905220026j:plain

スコーンは持ってかえりました。ケーキはすごく甘いです。イギリスの伝統そのままの味なんだろうな。甘党の私でも甘すぎるけど、体験できて満足です。昔のイギリスのケーキを食べられてよかった。

f:id:englandsea:20190905220003j:plain

それから、オールドビレッジでお土産を買いました。

f:id:englandsea:20190904131519j:plain

それからバスにのりました。バスにのりながらみたら、通ったサンダウンという場所ががきれいで、ここもいけたらよかったなと思いました。

ロンドンへ向かう

オールドビレッジからバスに乗ったのが2時で、ライドについたのが3時すぎでした。

f:id:englandsea:20190905221304j:plain

バスセンターからフェリー乗り場乗り場までは長い桟橋をあるきます。

f:id:englandsea:20190905221327j:plain

ワイト島には電車もすこしだけ走ってるので、桟橋ちかくには鉄道がありました。

f:id:englandsea:20190905221242j:plain

フェリーにのったのが、3時45分です。

f:id:englandsea:20190905221346j:plain

フェリーには犬も乗っててかわいい。30分くらいフェリーに載ってポーツマスにつき、電車はすぐ来てたからのりました。

車掌さんに、この車両はファーストクラスではないかときいたら、わたしのファーストの発音が悪すぎて何回言ってもわかってもらえませんでした。しかたないので、エクスペンシブ・シート?高い席ですか?といいかえて、やっとわかってもらいました。

イギリスの列車は豪華にみえるから、普通席切符しかもってないから、ファーストクラスでないか確認したかったのです。やさしくて陽気な駅員さんだったので、ちがうよ、だれでも大丈夫だよと言ってくれました。

電車にフェリーにいたワンちゃんがななめの席にのってて、ふせしておりこう。ワンちゃん大好きだからラッキーです。

ロンドンのホテルを探す

夕方6時前くらいに、ロンドンのウォータールーについて、地下鉄に乗り換え、6時半くらいに、バディントン駅につきました。

f:id:englandsea:20190822180937j:plain

ホテルは名前と住所とサセックス通りとバディントン駅から700メートルくらい、いうことしかしらず、もう真っ暗でした。

もともと、明るい時間にもどるつもりだったのだけど、ワイト島をまだまだみたくて、ぎりぎり遅くまでいてしまいました。ほぼ一人旅初なので、暗くなったら出歩かないように計画してたのですが、できなかったです。

しかも、ホテルまでは携帯のWi-Fiでナビで探していく予定でした。だけど、携帯のWi-Fiのつながりがおかしくなって、ナビができなくなりました。真っ暗だからよけいわかりにくい。

バディントンの駅から三回くらい、サセックスどこ?ときいて、やっとサセックス通りにたどり着き、そこから歩いてる3人組のお兄さんとお姉さんに、ホテルの番地をみせ、どこ?と聞きました。

やさしいお兄さんが、前の建物の番地をみてくれて、ここが300だいだから、100だいはもっと右方向だと教えてくれました。まったく、迷惑な私である(^-^)イギリス人やさしいです。

教えてもらったとこから通りを右にすすみながら、ホテルの名前をみながらいってると、ありました。フロントにいってホテル名が書いてる紙をみせてきくと、ここだと言ってくれました。

f:id:englandsea:20190829204633j:plain

チェックインして、キャリーバックを部屋においてから、バディントン駅にいって、預けておいた、大きいスーツケースをひきとってホテルにもどりました。

もどるときに、お土産物屋さんがたくさん開いてるのに気付きました。ホテルについて、大きいスーツケースをおいてから、再び出掛けました。

まだ7時台だし、ここは都会だからお店も開いてる、にぎやかで明るいから、危なくなさそう。バディントンだから、同じように明日朝早く飛行機に乗る人が、お土産買ってるわと、バディントン駅近くの土産物屋を数件まわって、買い物してからホテルに帰りました。懲りない私です。

次の日、パディントン駅からヒースローエクスプレスでヒースロー空港にいき、飛行機で日本に帰ったのでした。

これで、2016年の秋の、コッツウォルズに2週間のホームステイと1週間のイギリス一人旅は終わります。

次からは、2015年の8月に旅行会社のツアーでのちょっと豪華なイギリスの旅と、そのあと一人で残って4泊ほど延泊して、フランスとイギリスを一人旅したときのことを書きます。こちらもみてくださったら、うれしいです。

f:id:englandsea:20190801160959j:plain

みにきてくださって、ありがとうございます。みなさんに、ハッピーなことがたくさんたくさんきますよに。楽しくすごせますように。

こちらの過去記事も読んでくださったらうれしいです。

https://www.englandsea.com/